小さなイタチ

イタチ退治は費用節約の為にも業者への依頼が最適

小さいイタチ

害獣対策は高額な費用と時間ももかかるので、自分で退治するよりも業者に依頼した方が節約できます。
業者は侵入経路を確認し、破損した部分は修理してくれます。
もちろん汚れた部分の消毒や掃除もします。
インターネット等で検索すれば多数の業者が存在します。
イタチ退治の場合15000円位から受け付けている所もあります。
しかし実際の所、家の規模や敷地の広さ等を考慮に入れると費用はかなり差があります。
電話での見積もりだけではなく、現地での交渉をした上で契約した方が無難です。
完全に退治出来るまではかなり費用がかかります。
しかし自分でやって時間も費用も何倍もかけた挙句、再び被害を受けるのでは意味がないです。
最近は1年程度の保証期間を付ける所もあるので選ぶ際の基準とするのが良いです。
優良業者を見つける為には出来るだけ多くの見積もりを出して貰うのが先決です。
その際ネットの口コミも出来るだけチェックしておけば確実です。

イタチ被害は早期対策が必要です。

イタチを使った商品

イタチはネコ目イタチ科の小型の動物です。
見かけによらず性格は獰猛です。
フェレットはペット化された動物なので体臭が無い以外は見た目は殆ど同じです。
害獣被害の中でもイタチの被害はネズミやコウモリと違い大規模な対策と補修が必要な場合が多いです。
早期に対策を考えないと更に被害は拡大し、その分費用も高く付く事になります。
飼っている鳥やウサギ等が襲われたり、深夜屋根裏で物音がしたり、鳴き声がする場合は侵入されたと考えた方が無難です。
それ以前にも糞尿の影響で天井の色が変色している等の害で見つけるケースも見受けられます。
イタチの侵入が確認された場合、程度によっては自分で対策をする事も可能です。
忌避スプレーの使用や家の周囲に忌避剤を撒く方法があります。
しかし再び侵入される場合が殆どで根本的な対策にはならないです。
長期間被害に遭っている場合は費用もそれなりにかかります。
そんな場合は早めに業者に相談される事をおすすめします。

捕獲は専門業者に依頼する事

イタチを使ったシャツ

イタチやアライグマは追い出す事での退治は可能でも、捕獲退治は簡単にできない仕組みになっています。
イタチなどの動物は鳥獣保護法などの法律により勝手に捕獲や飼育する事は禁じられ、違反すると罰則を受ける事になります。
その他、捕獲用の罠を使うのに狩猟免許も必要になるなど、自分での捕獲は難しいのが現状です。
もし自分で捕獲に成功したとしても、処分に困ります。
近所に放すわけにもいかず、殺処分も勝手にはできません。
そのため、鳥獣駆除の専門業者に依頼する事が一番の方法と言えます。
専門業者であれば、害獣の駆除は勿論、天井裏の消毒、消臭などを行ってくれます。
さらに、リフォーム会社などと提携している業者もあり、被害をうけた天井裏の修復、再発防止策を請け負ってくれます。
害獣の被害は、日数が経てば経つだけ、増大していきます。
駆除に関する費用もかさんできます。
被害に気付いたら、早めに専門業者に依頼し、駆除、再発防止策を施す事が重要です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930